​オリヴェイレンセジャパンアカデミーとは

UDオリヴェイレンセはポルトガル2部リーグ(リーガプロ)に所属するフットボールクラブです。
クラブは97年の歴史があり、サッカー以外にホッケーやバスケット等があります。
ヨーロッパ5大リーグと比べるとポルトガルリーグは馴染みの薄いリーグかと思いますが、UEFAリーグランキングでは6番目のリーグとして、5大リーグ(リーガエスパニョーラ、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーグ、リーグアン)に多くの選手を輩出している育成に力を入れている欧州屈指のリーグです。
リーグの特徴は実質外国人枠が無く労働ビザも取りやすい事から、ブラジルを中心に若い外国人選手が世界中から集まって来ます。

 その為ヨーロッパ中のスカウトが優秀な若い選手探しにポルトガルリーグを訪れます。
リーグの育成システムも大変優れており、トップチームの他にセカンドチームが6部~2部(最大)までエントリーが出来るだけでなく、トップチーム、セカンドチーム、U19は、リーグ期間中でも選手登録の変更なく、各カテゴリーへ試合毎に選手の移動が自由に出来ます。実力さえ示せれば多くの選手にトップチームでの出場チャンスがリーグ期間中常にあるという事です。このシステムのおかげで、若い選手にとって一番大切な多くの公式戦を経験する事を可能にしながら、全ての選手に常に上を目指せる環境の提供をする事が出来ています。

オリヴェイレンセは、これまでトップチームとU19という構成にとどまってきましたが、2020年の7月からセカンドチームの新設を予定しており、トップ(27名)とセカンド(27名)最大54名の選手登録を可能にし、U19からの有望な若手選手も交えながら、クラブとしての育成強化システムの充実をはかっていきたいと考えております(ポルトガル国内)。

 オリヴェイレンセジャパンアカデミーの目的は、「日本からヨーロッパへの入り口を仕組み化」する事です。
日本のアマチュアからヨーロッパのプロクラブへ入る事はFIFAが定めた育成費の兼ね合いがありとてもハードルが高くなっています。

高校卒業(アマチュア)後、ヨーロッパのクラブとプロ契約する場合でも、数千万円の育成費を契約先のクラブが育成したクラブ(12歳~18歳)に支払わないといけないFIFAルールになっています。育成したクラブが育成費の権利を放棄すれば育成費はかかりませんが、これは育成組織の権利なので簡単な事ではありません。

オリヴェイレンセジャパンアカデミーは、ポルトガルにトップチームがあるUDオリヴェイレンセの正式な育成組織であり、ヨーロッパに入る為の育成費問題はありません。

日本に育成組織がある利点とポルトガルリーグが持つ優れた育成強化システムを活用し、一人でも多くの日本人選手が欧州で活躍できるよう、クラブとして欧州への入り口作りを仕組み化していきたいと考えております。

オリヴェイレンセジャパンアカデミーは、2020年4月~ さいたま市でU10 、U12チームを新設します。同時にスクールも開校致します。

ポルトガルサッカーを学び、ヨーロッパサッカーを目指したいという多くの子供たちに参加してもらえるよう、スタッフ一同力を合わせて頑張って参りますので、オリヴェイレンセジャパンアカデミーを宜しくお願い致します。

 


UD Oliveirense President 山形伸之

お電話

TEL: 048-624-6050(西大宮スポーツパーク内)

メール
営業時間

月曜〜金曜 14:00~21:00

日本から欧州へ
本気で夢を目指す君たちへ

オリヴェイレンセには夢への入り口があります。夢は実現できる。それがオリヴェイレンセ

​ジャパンアカデミー。

​サイトマップ
アクセス

埼玉県さいたま市西区宮前町710

​西大宮スポーツパーク内

  • Facebook ソーシャルアイコン
  • YouTube ソーシャルアイコン
  • Instagram ソーシャルアイコン

© 2020 OLIVEIRENSE JAPAN ACADEMY